このブログを検索

2012年10月1日月曜日

〔放射能〕柏市民の7割が「子育てや生活をすることはためらう」


☆柏市 放射線量の意識調査公表
(NHK千葉放送局)

http://www.nhk.or.jp/chiba-news/20121001192345_01.html

http://www.webcitation.org/6B5Tx5oms

さらにこうした地域の印象について聞いたところ、「小さな子どもを育てるのにふさわしくない」が「かなりそう思う」と「どちらかといえばそう思う」をあわせておよそ73%、「住むにはためらってしまう」がおよそ70%と、およそ70%の人がこうした地域で子育てや生活をすることはためらうと考えていることがわかりました。




《柏市民の声》

634 名前:ガイガーヌ柏 ◆SbmVX7AlD.0. (家)
投稿日:2012/09/28(金) 22:45:55.75 ID:EqIyGDCU0

柏市は空間線量は下がってきていますが、その代わりに濃縮が進んでいます。

家の周りだと空間線量は0.05~0.13μSvぐらい全体的に下がりましたが、1μを超えるマイクロホットスポットを発見する確率が上がりました。

空間線量が0.3を切らなかった去年冬頃は、1μ超えは側溝など特殊な場所を時間をかけて探していくと時々見つかる程度で、2μを超えたら「ギャー!」でした。

これが最近は、道端の砂だまりや駐車場の窪み、道路の端のちょっとした溝などで簡単に1μ、2μを超える場所が見つかってしまう。酷いところでは50mも歩かないうちに5ヶ所以上見つかる場合もあり、それが通学路だったりする。当然、側溝などは更に数値が高く、6μの側溝も。側溝と違い、砂だまり程度だと乾くと風で簡単に舞ってしまう。

柏市民の皆さん。市を単体で動かすのは難しいです。市を動かすには、町会から呼びかけて動かす方が効果があると除染関係者の方に言われました。【町会関係の知り合いがいる方は是非、汚染の実態を(数字があった方が説得力があるので測定数値も添えて)伝えて、除染をするように促してください。】

数値が分からなければ、ネットにいくらでも情報が転がっていますし、市で測定器を無料で借りられます。市に報告することも大切ですが、それだけでは素早い動きは期待できません。

荻野目洋子/ゴールデン☆ベスト 荻野目洋子
荻野目洋子/ゴールデン☆ベスト 荻野目洋子
価格:2,000円(税込、送料別)


当ブログのスピンオフ・ブログ「スピカ」

当ブログのスピンオフ・ブログ「飛び地A」

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)