このブログを検索

2016年3月25日金曜日

「福島の農産物を食べて応援しようキャンペーン」の推進団体の背後に巨大広告代理店の影が

988 名前:地震雷火事名無し(チベット自治区)
投稿日:2016/03/25(金) 01:40:28.12 ID:gv1fdPbN.net

ラスボスは無理でも、
その途中まで、責任者を暴いてくれんかな。
政府がやってるんだから、
資金は税金なわけで、公表は義務だろ。

山本太郎あたり、国会で、
吊るしあげてくれないか。

農林水産省「食べて応援しよう」
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/




989 名前:地震雷火事名無し(チベット自治区)
投稿日:2016/03/25(金) 01:49:47.29 ID:gv1fdPbN.net

「食べて応援」も
具体的な仕事は、こっちの団体(FOOD ACTION NIPPON)がやってんだよな。

何か問題がおきたら、
この実体の曖昧な「FOOD ACTION NIPPON」に
責任おしつけて、農水省は安全というやり口だろうな。

FOOD ACTION NIPPON「食べて応援しよう!」
http://syokuryo.jp/tabete_ouen/

で、サイトをいろいろ探っても、
具体的な個人名は全くでてこない(怒)。
誰が最終責任者なのかも分からない。
なんだこれ?



990 名前:地震雷火事名無し(チベット自治区)
投稿日:2016/03/25(金) 01:54:38.35 ID:gv1fdPbN.net

「食べて応援」を中心になって推進してる団体
「FOOD ACTION NIPPON」の責任者の名前さえ非公開なわけだ?

ありえるかこんなこと。

農林省との関係は密接なのに。

まずはここからだな。

太郎ちゃーん、お願い!




991 名前:地震雷火事名無し(dion軍)
投稿日:2016/03/25(金) 02:09:08.01 ID:JJqeB+AM.net

「食べて応援」のラスボス(黒幕)は誰なのか?
大変興味深いテーマなので、ちょっと調べてみました。

「真実を探すブログ」は、ロックフェラーだと言ってますね。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1174.html

「wantonのブログ」は、「FOOD ACTION JAPAN 推進本部事務局」の住所が「電通」と同じだと指摘しています。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12057634103.html

ロックフェラー云々というのは、陰謀論じみていて、今ひとつですね。。
電通の方が現実的な意見ですが、では、その電通の背後にいる勢力は何なのかが課題だと思います。




992 名前:989(dion軍)
投稿日:2016/03/25(金) 02:43:02.32 ID:JJqeB+AM.net

「FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)」の責任者の名前が非公開という点は、確かに気になります。
そこで、同団体のドメイン「syokuryo.jp」について、登録されている企業名・団体名を、「IPドメインSEARCH」で調べてみました。
その結果が以下。

Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] SYOKURYO.JP

[登録者名] 株式会社電通
[Registrant] DENTSU INC.

[Name Server] ns1.gcd-s.net
[Name Server] ns2.gcd-s.net

[登録年月日] 2009/08/13
[有効期限] 2016/08/31
[状態] Active
[最終更新] 2015/09/01 01:05:08 (JST)

Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] 株式会社電通
[Name] DENTSU INC.
[Email] t-yano@dentsu.co.jp
[郵便番号] 105-7001
[住所] 東京都港区
東新橋1丁目8番1号
[Postal Address] Minato-ku
1-81
[電話番号] (略)
[FAX番号] (略)

やはり、この団体を運営しているのは、(株)電通で間違いない様です。




▼元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/lifeline/1457101114/

忍者ソーシャルボタン

ブログ アーカイブ

ロシアRT - Daily news

France 24 - International News

PressTV(イラン)

teleSURtv.net(南米)

Channel NewsAsia Front Page News(シンガポール)

TVC News(ナイジェリア)

The Daily Star (レバノン)

Rudaw(イラク)